突然の親の死、その後に始まる相続…

相続には思わぬ「落とし穴」があります。

  •   親がまだ住んでいる家、どう分ければよいのか?
  •   介護や多額の生前贈与がある場合はどうしたらいいのか?
  •   そもそも相続について手続きはどうすればいいのか?
  •   相続人同士でどのように遺産分割の協議を進めたらいいのか?
  •   不動産の名義が亡くなった親のままだ…
  •   相続登記っていくら費用がかかるのか?
  •   相続人がどこにいるかわからない…
「うちはそれほどの財産はないから」
「相続税はかからないから」

それだけで、相続の問題は大丈夫などと考えてはいませんか?


「平等ゆえの悲劇」
「相続の落とし穴」
「部外者のおせっかい」
「借金(負の財産)はどうする?」
「会社をどう残す?」

相続の問題は、様々です。



相続は、すべての人に関わる重大な問題です。


大切な家族が、メチャクチャになっていく…

そんなことを想像して、あなたは我慢できますか?


この機会に是非、避けては通れない「相続」に目を向けてみて下さい



相続専門の司法書士、村上雅則の自己紹介

村上司法書士事務所  代表 村上雅則
大阪司法書士会 登録番号 第2231号

〔略歴〕
 昭和48年3月24日生
 立命館大学法学部卒業
 平成10年 司法書士試験合格
 平成11年 司法書士登録

〔業務・専門分野など〕
 不動産登記・とくに相続に関連する予防法務
 相続に関しては、年間160件超、
 これまで1000件以上もの案件を扱う


※予防法務とは 
 トラブルに遭わないために、またもし遭ってしまったとしても
 最小限の被害で済むようにするために、様々な措置を講じる法的サービス。

〔事務所理念〕

 常に『お客様の声に耳を傾け、お客様の中にある様々な“疑問・不安”を
 “安心・喜び”に変えたい。』と考えています。


相続と聞いて、あなたはどのようなイメージをお持ちになりますか?


きっと、相続は自分には無縁で金持ちの人たちの話だ、
と思い込んでいる人も少なくないのではないでしょうか。


私自身、司法書士としてこの10数年、相続登記など
相続関係手続きを主力業務の一つとさせて頂いてきましたが

相続トラブルに悩んでいるお客様を実にたくさん見てきました。


このような人たちは、

うちはお金持ちではないから相続のトラブルには巻き込まれることはない

と思って、平穏に暮らしてきたわけです。


相続の手続きは、人の死亡と同時に突然やってきますから、
私たちが生きて行く中で、自分の財産をどのように処分すべきか、
どう処分されるのかといったことはもとより、
葬儀や埋葬、墓石の管理、先祖の供養は誰がしてくれるのか、
誰にしてほしいのかといった金銭以外のことについても心配になるのは、
何もお金持ちの人だけではありません。

当然のことですが、亡くなった人は、自分の貯えた財産について相続手続きをすることはできません。

ましてや、生きている人に意思表示することもできません。


では、どうすれば、自分の死後、自分の財産や意思を納得のいく形にすることができるのでしょうか。



必ずもめる相続トラブル

相続におけるトラブル・悩みといえば相続税と思いがちですが、
納税義務が生じるのは資産6千万円以上を持つ数パーセントの人たちだけです。

本当にもめるのは、人の本性がむきだしになる遺産分割で、
これは財産が少ないほど、実は深刻な争いを引き起こすのです。


「うちは税金を払うほど財産はないから大丈夫」と油断していたら大間違いです。


遺産相続は、300〜500万円位が一番もめるのです。

一般的に、相続財産が自宅と少しの現金や預金のみであり、
相続税はかからないという相続が一番トラブルになりやすい傾向にあります。



平成20年に、家庭裁判所で遺産分割調停が成立した件数
なんと約73%が相続財産が5000万円以下の家庭です。

財産が5000万円以下なら、相続税は1円もかかりません。

それなのに、話し合いによる遺産分割ができずに、
家庭裁判所に頼る他なくなっているのです。



一つの土地を兄弟姉妹の共有名義にしたことで始まる悲劇
親の死後、判明した異母兄弟との争い、などなど

親族間の経済的利害や感情などが複雑に絡み合う遺産分割。


生前の準備不足が兄弟姉妹を絶縁へと至らしめる場合もよくあることです。



相続人間での任意の遺産分割協議が成立せず、
家庭裁判所に遺産分割調停事件を申し立てる件数は
年間1万件前後で推移しています。

調停を申し立てるに至らなくても、
協議が成立せず遺産の帰属が定まらずに放置されている
という状態の案件に行き当たることも実際には数多くあります。


相続トラブルで争いになり、相続人同士で不仲となってしまうような家庭は、
あなたの周りにも少なからず存在しているのではないでしょうか。


相続問題は、どの家庭でも将来起こる可能性がある、と言っても過言ではないのです。



相続は、早めに準備すれば安心です!

誰にも関係のあることでありながら、ついつい先送りしてしまう「相続」の問題。


ですが、いざ相続が発生してみると、
思ってもみなかった高額な相続税を払うことになるかもしれません。

住み慣れた家や土地を手放すことになったり、
遺産をめぐって親族の間で何年にも及ぶ争いが起きる可能性もあります。


大切なのは、相続について知り、早いうちから相続対策を始めることです。

きちんとした対策をとっていれば
遺産争いや相続トラブルで、ご遺族が苦しむことはありません



相続において最も重要なこと

相続において最も重要なことは「家族が争いにならないように備えておくこと」です。

まずは、親が死ぬ前に関係者で財産情報を共有するのです。


そして、大事なことですので、繰り返しになりますが

■ 財産の多少にかかわらず、相続はトラブルの原因になる
■ 生前に相続について知り、遺言を残すのは現代人の常識

この2点を肝に銘じて下さい。



「そうは言っても、実際にどうすればいいの?」

実際にお客様に相続の案件を相談された際に、分かりやすくご説明をしているつもりでも、
最後にこう言われることが度々ございます。


極力、専門用語などは噛み砕いて説明しているつもりでも、
私自身、専門家であるがゆえに、当然のように考えていることでも
一般の方にとっては難しい、ということがあるのでしょう。


そこで、私の事務所に相続案件のご相談に来所頂いたお客様用に
素人の方でも、簡単に相続について理解できるよう
『相続・遺言ガイド』を作成し、お渡しすることで大変お喜び頂けるようになりました。



実はこのマニュアルは、未公開のつもりでした。

なぜなら、自分の仕事が減ってしまうからです。


自己紹介でも触れましたが、私は、相続専門の司法書士です。
年間160件超の相続案件をかかえています。


このマニュアルを公開すれば、私に仕事を依頼するのではなく
マニュアルを買う人のほうが多いでしょう。

それは、マニュアルの方が断然に安いからです。


私も生活があります。
事務所の代表として、所員の生活も補償しなければなりません。


そうした理由から、ノウハウを公開するのではなく、
自分に相続案件の仕事の依頼がくるようにしていました。



ところが、あるお客様との電話がきっかけで・・・

先日、あるお客様からきついお叱りを受けてしまいました。

自分が間違っていると悟った瞬間でした。


その日は、いつも以上に相続手続きや相続登記の案件が集中していて、
私も所員たちも大忙しでした。

そこにさらに相続手続きの依頼がきたのです。


お父様がつい5日前に亡くなり、知人の紹介ということで、
当事務所まで相続のご相談のお電話を頂戴したのでした。


お客様に時間の余裕があったこともあり、そのときの事務所の状況から、
「ご相談には応じますが、来月でもいいですか」とつい返答してしまったのです。


それを聞いたお客様は、「来月ですか?」と困惑されていました。

それに対して、私も、
「大丈夫ですよ、時間的にまだ余裕がありますから」と返事してしまいました。


結果、どうなったか?


翌日、そのお客様は他の専門家にお願いするからといって事務所へのご依頼はお断りになられました。


そのとき言われた言葉がショックで、今でも忘れません。


「相続で困った人の不安を安心に…と言うが
 父親が亡くなって、相続なんて分からずに不安だらけの中
 先送りされては不安なんて解消されない」


忙しさにかまけて、事務所の理念を完全に忘れていたのです。


私は、ここで決心しました。


一般の方でも簡単に相続について理解でき、また相続トラブルを回避できるよう
『相続・遺言』対策マニュアルを世に出そう、そしてお役に立てて頂こう。




こうすれば、忙しいからといって、お客様に迷惑をかけることもない。

相続登記など専門性が強い分野や難しい困ったケースの相続案件だけを事務所で対応しよう。

そうすれば自分の理念にも正直でいられる。


こうした経緯から、事務所で配っていた『相続・遺言ガイド』をさらに充実した内容にバージョンアップを重ね
このマニュアル、『相続・遺言』対策マニュアルを公開するに至りました


当マニュアルでは、相続の専門家として、自らの体験をもとに相続の基本を解説します。

相続・遺言に関する基本知識から相続トラブルの対策まで、
争いを避けスムーズに相続するためのポイントを分かりやすく解説しました。

  •  相続する権利がある者とは?
  •  具体的相続分について
  •  相続でやるべきこととは?
  •  相続の承認・放棄について
  •  遺留分とは?
  •  遺産分割とは?
  •  遺産分割協議による遺産分割の具体的な方法とは?
  •  共同相続人の協議が調わない場合について
  •  遺産分割協議書の作成について
  •  遺言とは?
  •  遺言の具体的な方法とは?
  •  相続税の課税の対象となる財産とは?
  •  相続税の課税の対象とならない財産とは?
  •  相続税の計算方法について
  •  実際によくある主な相続トラブルの事例
  •  相続を“争族”にしないための遺言の作成
  •  遺言作成・遺産分割にかかる各種手続や提出書類
  •  相続財産の評価・相続税の計算方法
いかがでしょうか?

しかし、これらは、
このマニュアルに掲載されているノウハウのほんの一部に過ぎません。



マニュアルのメリットは?

『つまり、このマニュアルのメリットは何なの?』


ここまでお読み頂いたあなたもそう思われたかもしれませんね。


色々あるのですが、一言でズバリ言うならば、


 争いのない相続を実現するため、事前に対策を立て、
 親族間の相続トラブルを回避することができる

ということです。



このマニュアルは、複雑なケースを除けば、
一般の素人の方でも相続や遺言についてマスターできるよう解説しています。

そして、必要知識をまとめただけでなく、
これまでの1000件以上もの相続事例の中から汲み上げた
陥りやすい相続相談事例や代表的な相続・遺言Q&Aなども取り入れ、
机上の空論ではない現場の声や実践レベルにもこだわっています。


つまり、相続の思わぬ「落とし穴」を把握し、事前に対策を講じることで
争いのない円満な相続をあなたも実現できるのです。


さらに、当マニュアルは、遺言書についても抜かりはございません


『遺言書について知りたい、遺言書を作成したい』

といった数多くのお客様からのリクエストにお応えし、
4パターンの種類別の遺言書の文例(Office Word 2003以上で閲覧可能です)を添付します。

これで、専門家に依頼することなく、
あなたの状況に合った遺言書が作成できることでしょう。


  •   相続を巡り家族や親族間でトラブルを起こしたくない方
  •   法定相続分とは異なる相続分の指定をしたい方
  •   夫婦間に子供がない方
  •   農業経営者の方
  •   会社経営者の方
  •   お世話になった人に財産を贈りたい方
  •   内縁の妻や夫に財産を贈りたい方
といった方は、特に必見です。



さらに、さらに、

あなたが『相続・遺言』対策マニュアルをお買い上げ頂けた場合は、
感謝の気持ちとして、
相続登記に関するお見積り・お問合わせサービスをお付けいたします。
※上記書類は、Office Excel 2003以上で閲覧可能です。




それでは、気になるお値段ですが…

より多くの方々に手にして頂きたい、との思いから思い切って9,800円にてご提供させて頂きます!


ここまで色々と説明してきましたが、
これさえあれば、よほど複雑なケースでない限り
相続トラブルを回避し、争いのない円満な相続が実現できるはずです。


そのように、マニュアルを作成しました。


もし、相続トラブルが発生し、司法書士や弁護士に依頼すれば、報酬として相当なお金がかかってしまいます


ちなみに弁護士の報酬は数百万円かかることもよくあります。

数百万円です!


親族間でドロドロの争いが生じ、その上、解決するのに数百万円ものお金がかかった・・・


こうなってしまっては後悔しきれません。


しかし、このマニュアルであれば、購入代金のみでこのような最悪のケースも防ぐことができるでしょう。


色々と、お話させて頂きましたが、これがいかに価値が高いかお分かり頂けるのではないかと思います。


※ダウンロード版・オンライン通販(冊子版)ともに  全90ページ




(電話注文は土・日・祝日はお休みです)




【追伸】

相続は、財産(お金)に法律や人の心が絡んでくる難しい分野です。

また、一般にはなじみが薄く難解です。

知識の誤解や、生前での相談の重要性等の認識不足で、
不利益を被ってしまう人を、私はこれまで実にたくさん見てきました。



実際、相続を初めて経験する人は、
何をどこに誰に相談してよいのかわからないのが現状です。


相続・遺言における必要不可欠な知識を解説しつつ、私が実務で経験した実際の相談事例を紹介し、
さらには、よく頂戴する質問に回答しながらあなたにも分かりやすくお伝えすることができたらと思います


当マニュアルが相続を迎える人や相談で悩んでいる人の一助となり、
相続でトラブルを抱える人を一人でも防ぐことができれば、専門家として、こんなにうれしいことはありません。